Top
Illustrator ABC
b0164350_19521350.jpg
帯のキャッチが堅すぎて初心者がどんびきしてますが
(まあガチガチのPCハウツー野郎が考えたわけなのでしょうがないよなあ)

もともとね、あまりにも初歩的な質問が多かったので
このレベルでつまづいてたら
メソッドもジャーナルも1行も理解できないだろ、
と思ってまとめたものなので、
まずは初心者に読んでもらえないと意味ないのですが……。
(わたしは質問きたらこれ読め、で済むので楽になったけど)
初心者がチートプレイできる本だと思いますよ。

それはさておき
b0164350_19521634.jpg
渋谷のPARCOブックセンターをうろうろしてたとき、
ここにあったほうがいいよなーと思ったのでやってみました。
(うちにある洋書を総動員してみましたが、意外とないですね。そもそも持ってる本自体が少ないんだな)
すっごいかっこいいスイスデザインの本を狙ってるんですが、
6000円なのでさすがに即決はできず(円高のときに買っとけばよかった)、
こんどいってやっぱり気になったら買おうと思います。
b0164350_19522053.jpg
基本的に本の帯とカバーは捨てるもんだと思ってるので、
その状態で机に雑然と積んであっても気にならない感じにしたかったのです。
(下の「DIGITAL RETRO」と構成が同じですね)

見た目がださいとしまいこむでしょ。
持ち歩きたくもないでしょ。

ださいけどどうしても必要な本の場合、わたしは
1)内容を暗記して捨てる
2)電子化して捨てる
3)表紙を自分でつくりなおす
のいずれかをやります。

なので、その手間を省くために、
とにかくそこに置いてて嫌じゃないデザインにしたかったわけなんです。
最初、へんなサブタイトルつけられそうになってたんですが
(プロがどうたらこうたら、とか、わかる、とか、なんとかかんとかの教科書、みたいな)
カバーに載せるだけですむならまあいいけど、
流通上、表紙にもばっちり載せないといけないというので、全力で拒否りました。

ちなみに
「プロがどうこう」とかつくやつは、初心者用の可能性が高いです。
初心者用、って書くとレジに持ってくのが恥ずかしいらしいので
こういうタイトルのつけかたするんだって。
まあできるビジネスマンは
『英検3級でもわかるビジネス会話』とかうっかり買えないのでわかるけど。
b0164350_19522576.jpg
見返し、上質紙だとどうしても
政治家が支持者に配る自費出版の自伝みたいになるから(うすいみずいろとかね)
なんとかならないかなーといってたら
カバーに使った紙のほうが安い、というのが判明して
そっちにしました。
大扉がうっすら透けます。
b0164350_19522864.jpg
クータバインディングできるとこでやってもらいました。
こう見えて、手製本なんだそうです。
b0164350_19522359.jpg
英語にこだわったのは、もちろん見た目もあるんですが
アドビソフトは英語圏でつくられているソフトウエアなので、
英語がわかると、わからなかったことが一瞬で理解できることがあるんです。
(この英語もねー
英語が目立つと難しいと思って初心者が逃げるから日本語のほうを大きくできない?、
とか言われたんだけどそれも拒否りました)

たとえばこの「バウンディングボックス」ですが、
変形のときにオブジェクトの周囲に表示されるボックスも、
パターンの境界線も、
バウンディングボックス、っていう名前なんですよね。
わたしは「バウンド」の語感から、なんとなく
壁にボールぶつけたら返ってきた、
みたいな雰囲気で捉えていたので(拡大縮小するときの感じともなんか似てるし)、
パターンの境界線のこともなんでバウンディングボックスっていうのか
というのが長年の疑問だったわけです。

辞書で調べてみたら
「bound」にはもちろん「跳ねる」という意味もあるんですが、
「境界」とか「範囲」という意味も持つわけなんです。
そりゃ、言うよね、パターンの境界のことも(むしろそっちがメインですよね)。
b0164350_2014043.jpg
ショートカットも、英語でなんて呼ぶか、っていうのを知っておくと
すんなり覚えられることが多いです。
たとえば拡大・縮小ツールは「Scaling」だからS、
回転ツールは「Rotating」だからR、
みたいな感じです。
b0164350_20255175.jpg
[アピアランスを分割]と[分割・拡張]も日本語だと別物っぽい感じに見えますが
英語だと「Appearance」がついてるかついてないかくらいの違いなわけです。
さらに、「Expand」って何?
ということで辞書を見てみると
「(コンピューターのGUIでツリー状になったフォルダを)開く、展開する」(出典:SPACE ALC)
だそうです。
こういわれると、何が起こってるんだかわかりやすいです。

学生じゃなければ、英語ができようができまいがとくに困るわけじゃないので
(仕事で必要ならできないと困るけど)
無駄な苦手意識は忘れたほうが得だと思う。
屋号なんかも、英語、というかアルファベット圏の言葉にしておくと、
使えるフォントが一気に増えるというメリットもあるんですよね。

b0164350_20352069.jpg
自家製特設サイトでは、TIPSなども掲載しています。
b0164350_20352195.jpg
時代によって変わりそうだったり、曖昧すぎて本には書けない感じのこと(バグなのか仕様なのか微妙な動きをする機能とか)、話が長くなるんだけど紙の本のページをさくほどではないことなどを扱ってます。
ABCがこういう内容、っていうわけじゃないです。
[PR]
by yue2009 | 2013-07-11 20:55 | Works
<< 名刺とか販促とかイラレ手帖について イラレ手帖 >>


CALENDAR
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
カテゴリ
Photo
Camera
Illustration
Craft
day
Works
以前の記事
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧