Top
名刺とか販促とかイラレ手帖について
b0164350_137430.jpg
印刷所が1000円でフルカラー名刺キャンペーンみたいなのをやってて
ちょうど前のアネモネの残数も少なくなってきてたとこなので。
b0164350_1378100.jpg
この写真はちょうど転びやすい色域使ってるので
インクジェットと実際の4C印刷ではだいぶ変わります。
上がインクジェット、下が4Cです。
(イラレ画面ではけっこう4Cに近い状態で見れてて、
インクジェットがかってに鮮やかに出してくれるかんじなので
印刷物が予想と違った!ってことはないんですが)
この金魚の写真は、わたしの電子書籍の写真集『花と金魚』に収録してるもの
に手を加えたものなんですが
そういえば
消しゴムはんこの本でサンプルに使おうとしたとき
あまりにも色が変わっちゃうので断念したのでした。思い出した。
(『花と金魚』ではじめてはんこと写真をコラボしてたんですよ)
b0164350_13183484.jpg
どこか残ってないかなーと探してみたらありました。
没ネタはすぐ捨てるタイプなので(容量節約のため)、よく残ってたなー。
これはRGBで作業してた画面なのでムラサキ系がちゃんとでてますが
CMYKにするとどうしてもくすみのほうが目立つんですよね。
気にならないレベルだったらそのままやっちゃうんですけど。

上の名刺みたいな紙ものは
写真を貼付けて文字を置いただけー
みたいに見えますが(実際そうだけどさ)
イラレだけでも

・複数アートボードのドキュメントをつくる
・ドブ付きサイズの写真を用意して配置する
・写真をアートボードの中央に配置する
・パターンをつくる
・ドブつきサイズの長方形にパターンをはめこむ
・パターンの中心をアートボードの中心にもってくる
・パターンの色や密度を調整する
・文字のサイズや間隔、行の間隔を調整する
・段落の位置を調整する
・入稿用のPDFを書き出す

みたいな作業が必要で
(もしPDF入稿でなかったら、トンボをつくるのと画像を埋め込むのと文字をアウトライン化する作業が増えます)
さらにフォトショで写真加工をやる場合は

・ドブつきサイズのドキュメントをつくる
・写真を配置して大きさを調整する
・色調を補正する(これは調整レイヤー3枚くらいで段階的にいろいろやってます)
・オーブ効果を入れる

といった作業が発生するわけです。
こういう具体的な作業を順を追って解説してるのが
『Photoshop+Illustr​ator DESIGN JOURNAL』なのですが
途中の細かーい作業(どうやってレイヤーマスクを選択するかとか)
がわかんなくって止まっちゃうひとが続出して
さすがにそういった箸の上げ下ろしまでは言及できないので
(それやってると作例1つで1冊終わる)

根本的なことを、どこかで暇があったらまとめようとおもって
ちょうど年末に流通が完全にストップして1週間くらい何もできない時期があるので
まとめてみたのが『Illustrator ABC』というわけなんです。
(1週間もあればまとまるだろ、と思ってたら2ヶ月かかった。。。)
100Pくらいだったら電子書籍で出そうと思ってたんですが
なんだかんだで300P近くになったんで、紙を検討したっていうわけです。

でね
ちょっと話かわりますが
出版社が書店さんに新刊情報を伝える手段って
いまだにFAXしかないんですよ。
これはジャーナル出したときにお店のかたにきいて初めて知ったことなんですが。
(わたしが聞いた範囲内なので、業界が違ったりするとまた事情が変わるかもしれないですが)

1日に出る新刊が10冊くらいだったらまあそれでも目が通せると思いますが
いま1日に出る新刊が200冊くらい?
さらにFAXで来るのは新刊情報だけじゃなくって重版しました情報とかもあって
(ぜんぜん関係ないセールスも入ってくるでしょう)
日に数百枚のFAXがぐるぐるしているわけで
その中にはぐしゃってなったり送信エラーが起きたり
担当フロアにうまく渡らなかったり、そもそも見てないとかで、
空気化する本もでてきたりするわけなんです。
(もしRSSみたいなシステムがあったところで
この新刊数では未読を溜め込むのがオチだなあとも思いますが)

そこを埋めるのが営業でしょ、って思うかもしれないですが
ゼクシィ部隊みたいに全国の書店をくまなく回れるわけはないので
うまく情報が伝わらなかった分については
がんばって情報ひろめるしかないんですよね。
誰が
っていっても
たいていは著者がやるしかないんですよね。
売れてる本がある!といった情報が流れるとか、
アマゾンのランキングが急上昇してる、とかの現象が起きれば
空気化してたお店にも気づいてもらえるかもしれないので。
こういうの、いつでも気が向いたときにやればいいんじゃないの、
紙が腐るわけでもないし
って思うかもしれないですが、
スタートダッシュかけるのがいちばん効果あるんです。
まれに、テレビで取り上げられたりしてあとで急上昇するとかはあるんですが、ほんとにまれです。
(そもそも可能性あるのはダイエットとか食べ物とか掃除とかノーベル賞くらいだし)
そんなわけで、ここ1ヶ月くらいガチで販促活動してたわけです。
販促で執筆時間くわれるってのもメディアの本質としてどうなの、っていう気もしてきますが。。。

さてと。
また話かわって

イラレ手帖の入手方法ですが
(どこかでちゃんとまとめとかないと、というのがあって)

1)先行販売分を買う
2)ハガキに応募券を貼って応募する(抽選)

の2種類の方法があるんですが、

1)はたぶん終了してると思います。
たまに1冊だけ見つかることもあったりするかもしれないんですが、
たまたま通常分に紛れて気づかれなかったものとか、
先行のときに事故対応用の予備をお渡ししてるので
お店側の判断で、それを通常分につけてたりすることもあったりするのかも
という感じだと思います。
なので見つけても、「この前は終わったといったのにあるじゃないかー」
みたいな文句は言わないでくださいね。


2)ですが、
帯に印刷されている応募券を切り取って応募ハガキに貼り付けて送ると
抽選で50名にあたる、
というキャンペーンをやっています。
このハガキじゃなくってふつうのハガキとか、年賀状の余りとかでも構いません。
この手の応募って、ほんと来ないものなので、確率はとても高いと思いますよ。
最初こういう枠はない予定だったので(対応がたいへんだから)
普段先行をやってない地域のかたはぜひ、この機会を利用してください。
(ここまでこぎつけるのもほんと大変だったのですよ)
[PR]
by yue2009 | 2013-07-18 22:26 | Works
<< 枯れ紫陽花 Illustrator ABC >>


CALENDAR
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
カテゴリ
Photo
Camera
Illustration
Craft
day
Works
以前の記事
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧