Top
<   2013年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
おっとっと
b0164350_21154872.jpg
気になっていたおやつを買ったので(海外版おっとっとみたいなの)
b0164350_21155177.jpg
合田誠的な世界が楽しめるかも
b0164350_21155452.jpg
スプレーマムが密集していたので間引いたやつ。
(花のかたちをきれいに撮るため)
b0164350_21155793.jpg
輪ゴムでお花屋さんしばりをやっておくと安定します
[PR]
by yue2009 | 2013-07-31 21:20 | Photo
タイトルメソッド
b0164350_2381828.jpg
こんなふうに、タイトルをいれるのにちょうどいい隙間があったら
それにこしたことはないし
そもそも無地とかそれに近い状態だったら
タイトルの位置だけ考えてればいいんですが
そうもいかない場合(のほうが多いですよね)、てっとりばやくは
b0164350_2385385.jpg
・袋文字にする
・影をつける
・下地を敷く
という手があり
b0164350_23113431.jpg
袋文字はファンシーっていうかポップな感じに仕上がるので
うちでサンプルをさがしたときに発見されたのは漫画系でした。
ひとつは自分のしわざですが。
このやりかたはWEBのバナーでもよく見るかも。
あとティーン向けの雑誌タイトルは袋文字+立体レイヤースタイルですねー。
さりげなーくエレガントに可読性を上げたい(目立ちたくないけど存在はわかってほしい的な)ときに、
ドロップシャドウのほうを使うのかもしれないです。
b0164350_23123948.jpg
こっちは背景になんか敷いてある例なんですが
ほんとはベタ背景が敷いてあるのを出したかったんですが
(『Cut』とかいい例なんですがあまちゃん号でも買ってきとけばよかった)
両方ともちょっと特殊なほうかも。
上は下地が半透明(半透明は使える!というのはあとでまたやります)、
下は文字が背景を透過させてます。
原宿的なおしゃれを狙った本とか、わざと字面ぎりぎりの背景をつくってたりしてた気が。
b0164350_23195328.jpg
ラベルが貼付けてあるみたいにしてしまう方法もありますが
使いどころは限られるでしょう。
ノート風のデザインとかいずれにせよ文房具のもどき
みたいなテイストじゃないとむずかしいんじゃないかなーと
(うまくやらないとこいつ消去法でこの手を選んだな、という感じになっちゃう)。
写真整理しながらあー『醤油手帖』を出せばよかった。。。
と。
b0164350_23214647.jpg
下地を敷くなんて野暮なことはしませんよもともとこういうデザインですから
みたいな感じでうまいこと逃げてるのが
一部を帯状に白にしてしまうパターン。
クウネルが流行ったときみんなこんなのになってたような気がする。
どんなビジュアルが来ても大丈夫、ってのは心強いです。
b0164350_23244818.jpg
予定調和なデザインなんてごめんです、
ビジュアルもキャッチもお互いに遠慮はしません、
って場合は
予算があれば特色とか特殊印刷で逃げ切れることがあります。
『GINZA』とか常習犯です。
b0164350_23261120.jpg
わたしもわりと常習犯でした(ただし箔とかいつも安いやつ)。
b0164350_2330040.jpg
半透明、ありそうで探してみると意外となかったんですが
下地を完全に隠さないので面積を広めにとれるというメリットがあるんですよね。
一時期イラストの上にでかいタイトルを半透明でいれる、
というのを漫画アニメ系でよく見かけたような気が。
b0164350_23341453.jpg
タイトルをでっかくするとそれだけで、
下がごちゃっとしてても可読性キープできたりすることがあります。
まあそもそもでかくしさえすればどうにかなったりするのがタイトルですよね。
b0164350_2336384.jpg
さらに、タイトル自体を極限まででっかくしてデザインにしてしまいましょう
という例。
『Illustrator ABC』のお仲間を探していたら、意外なものがありました。
b0164350_23391194.jpg
文字はべつに水平垂直である必要はないので
斜めにして気をひく
という手もあり
最近のラノベとかはそんな感じですよね。
でもたぶんこんだけスタンダードになると飽きてきちゃって
逆にまた水平垂直に戻っちゃいそうな気もする。
斜めについてはやりつくされた感があるから
反転とかやりだす猛者でもでてこない限り。。。
[PR]
by yue2009 | 2013-07-29 23:57 | Works
クッキーで理解するパスのオフセット
b0164350_0134551.jpg
左が原型、右がパスのオフセットを正の値でかけたもの。
b0164350_0144262.jpg
パスのオフセットは原型を太らせたり削ったりできるイラレの機能で
b0164350_013538.jpg
原型と太らせたのを重ねて縁どりをつくったり袋文字をつくるのに便利です。
b0164350_016459.jpg
太らせ具合によって印象がかわるわけです
(若干焼きによる原型の伸縮もありますが)。
どのくらい太らせたらいいか、というのをジャッジするのが
デザイナーの腕とかクセとかになるわけです。
b0164350_0171692.jpg
原型と太らせたのを2こ重ねなくても
設定で同じ状態に見せかけることができる機能が
アピアランス機能。

b0164350_023580.jpgイラレの基本的な機能については
『Illustrator ABC』
を読んでみてくださいね、


b0164350_0263577.jpg
この場合、ある意味アイシング部分は
パスのオフセットを負の値でかけた状態といえます。
つまり
オフセットを負の値でかけたもので型をつくれば
ベーキングパウダー入りの生地でも可能というわけだが。。。
b0164350_0273619.jpg
ついでに折れたやつで実際のアップルマークを再現してみた。
[PR]
by yue2009 | 2013-07-29 00:33 | Works
アップルクッキー
b0164350_22342567.jpg
ちょっとした移動の衝撃で葉が折れるよこの形状。
b0164350_22345033.jpg
型の材料はアルミ缶飲料です(あのぺこんぺこんとしたとこが使える)。
たまたまタリーズのアイスコーヒーをチョイスしてみたんですが
これパッケージ印刷はフィルムになってて簡単に剥がせるので
素材としては最高でした。
b0164350_22361850.jpg
テープ状にしたのを折って型をつくってます。
b0164350_22365383.jpg
アップルマークは葉と実の大きさのバランスが肝なので、
葉の部分を先につくってから残りで実の大きさを調整するとやりやすい
(経験的に)。
この素材、きっちり折るとぱきっと割れるので、やんわりくせづけするくらいで止めておいたほうが長持ちします。
丸みとかはペンみたいなのを使うとつけやすいです。
b0164350_2241952.jpg
で、型抜きに使うんですが
b0164350_22412026.jpg
ふつうにやると葉が型に残って折れちゃうので
縁日の型抜きみたいなかんじでまわりを取り去って
クッキングシートの上に置いて型どかすまえに
お箸とかスプーンの柄とかで葉のとこだけ押し出しておくとうまくいきます。
b0164350_22453148.jpg
葉と実が分離したらぐいっと押してくっつけとくと
焼いているあいだにどうにかなったりします。
b0164350_22425164.jpg
こういう型も持ってるんだけど
これ確実に葉と茎のとこ折れるよねえ。。。
b0164350_22465429.jpg
焼くとこんなかんじ。
b0164350_2247243.jpg
一回目はベーキングパウダー入りの生地を使っちゃったんで
パスのオフセット状態に。
市販のクッキーミックスはベーキングパウダー入りのが多くて形が崩れやすいので
(生地にこだわりはないのでだいたい市販のを頼る)
自分で調合したほうがいいというのがわかりました。
b0164350_2249489.jpg
さらにアイシングであれにしてみます。
絵の具ではないです。
わたしがこういうことをやってると
それ食べられるやつ? 食べられないやつ?
という質問が飛んでくるんですが、今回は食べられるやつ。
(あと、つくったやつ? 買ったやつ? の質問もよく飛んでくる)
b0164350_22503998.jpg
細かく粉砕された粉砂糖を水で溶くだけでいい
というのは初めて知りました。
(もっと卵黄をまぜてどうこう、とかめんどくさいのかと思っていた)
なにごともやってみないとわかんないもんです。
b0164350_22513278.jpg
色つきパウダーのほうは激しい色になっておもしろいです。
ピンク、イエロー、ブルーの3色を混ぜてつくるんですが
このへんは印刷とおなじ。
ただ、真っ赤はうまくいかなかったです。どうしてもオレンジになっちゃう。
b0164350_22525553.jpg
白にブルーをちょっと混ぜると水色
b0164350_22544490.jpg
それにイエローを足すとミントグリーン
みたいなのを余ったのでやってみました
b0164350_22544775.jpg
きれいに塗るのがなかなかたいへん。
ABC執筆中に思いついてやってみたかったことがまたひとつ片付いた。
(ひととおりわかったのであとはなんでもつくれるねー
レースとかは無理だけど)
[PR]
by yue2009 | 2013-07-27 23:02 | Craft
あめ
b0164350_1920915.jpg
国内で買えるとは思わなかった。
(輸入するしかないのかと思ってた)
色の構成のせいでサムネールサイズになると金魚の画像と区別がつかない。
b0164350_19201220.jpg
なんで日本にはこういうデザインのお菓子がないのかと思うけど
むこうのひとはこのデザインが「おいしいもの」
として刷り込まれてるから
即物的でないものでも受け入れられるんだろうね
これに対抗できるのはサクマのいちごみるくくらいだよなー
b0164350_19202035.jpg
白いターバンの人物は
みんなお金持ちに見える
[PR]
by yue2009 | 2013-07-25 19:36 | Photo
金魚みほうだい天国
b0164350_238821.jpg
オランダはどうしても底にたまりがち。。。
もっと若くてちっこいのはもうちょいきびきびしてますが
このサイズだと地を這うかんじなのはどこもかわらないですね。
(でも写真はとっても撮りやすいです)
アートアクアリウムの子が別段疲れているわけではなかったようで
それは安心なのだけど(でも人間が疲れるくらいだから魚も疲れるよなああれ)。
箱型体型でお寿司みたいなサイズ感。
b0164350_2381151.jpg
この角度から見るとコワイ。
肉瘤で目が埋もれてるせいですが
b0164350_23121974.jpg
でっかくてきれいな琉金。
金魚の模様ってつくづくガチャだよなーと思う。
b0164350_23125182.jpg
江戸錦はハーブ入りソーセージみたいでおいしそうだった。
ほんとにおいしそうだったのでけっこう写真を撮ってる。
b0164350_23133931.jpg
らんちゅう天国。
白いたらいに泳がせて見せてくれてるし(らんちゅうは上から見ないとただの背びれのないへんなおさかなだもんなー)
インスタにあげたらんちゅう動画
あらためて音声きいてみるとみんな金のことしかいってないですね。
「これを500円で買って3年育てると3万円になるかもしれないんだぞー」とお子さんを教育している親御さんもいました。

江戸川区は金魚教育が行き届いているのか
子供も「このらんちゅう買って」とか(「金魚買って」、ではなく)品種でおねだりしているし
(決してオランダを指差して「あっらんちゅうだ!」っていう奴はいない)
「出目は目が傷つきやすいんだって」とかどこからともなく豆知識が流れてくるし
b0164350_2315396.jpg
浜錦。ポンプ付近から誰も動かず(いつ見てもこのフォーメーション)。
ぱっと見、ピンポンパールに似てるのでピンポンパールだとばかり思ってた。
b0164350_23154290.jpg
出目の浜錦。
ちょうど3匹つながった状態で静止してたので。
金魚ってへんな姿勢で静止してるときがある。
b0164350_23154578.jpg
ほとんど鯉にみえるけど更紗和金という金魚です。
単品で見せられたら鯉っていうとおもう。
「更紗」って紅白の模様のやつを指すみたい。
b0164350_2315481.jpg
東錦さん。
アメリカで受けがよいように星条旗カラー(赤、白、紺)
の金魚をつくった、とかいう話が本に書いてあったんですが
言われないとわかんないです。。。

金魚の色は赤、白、黒(紺)のどれかまたは組み合わせで、
形状は和金、オランダ、オプションで出目、背鰭なし(らんちゅうベース)
尾鰭の形はフナ系かひらひら系(これがまたいろいろあるけど)
みたいに組み合わせをおぼえると
品種の区別がつくようになっておもしろいです。
(大量の写真を分類してたらだいたいわかるようになってきた)

青文魚と青らんちゅうは早々に売り切れていて見れず。
[PR]
by yue2009 | 2013-07-24 00:04 | Photo
ユニクロリメイク
b0164350_19574228.jpg
去年かその前くらいのユニクロのワンピです。
ぜったい飽きるし尺足んないだろう
というのはわかりきってたんだけど肩のデザインが好みで買ったんだけど
案の定飽きて
これをなんとか着やすい状態へもっていこうと
(座り仕事なのでワンピース自体が出番ないのです)
b0164350_19574764.jpg
まずは消しゴムはんこで星柄に
b0164350_19575738.jpg
大量に持ってるのでこういうときはやりたい放題。

b0164350_2041380.jpg【宣伝】消しゴムはんこについては本書いてます。興味あったらアマゾンでぽちってみてください。
彫りやすいように図案にもいろいろ工夫してるので、ドリル的なたのしみもあります。
いっぺん彫れるようになっとくと、ブランクあっても簡単に技術が戻ってくるので、わたしはほんとに重宝してます。



消しゴムはんこの魔法 HAN-COLLAGE
井上のきあ
¥1,260

b0164350_2081448.jpg
押すときは下に段ボールとか板とか敷いたほうがよいです。
b0164350_2084838.jpg
ジャージー生地にうまく乗るだろうか、と思ったんだけど
市販品並みにきれいにプリントできました。
やっぱ何回か洗濯にかけてる生地のせいか。
b0164350_2010351.jpg
ただし乾きにくいので干しながらやったほうがいいです。
b0164350_2011698.jpg
アイロンでインクを定着させて
b0164350_2012267.jpg
裾のとこをカットして
(元がワンピなので、ギャザー寄せるとコクーンになると予想)
(ワンピの割には尺をけちっててなんかふわっとしてくれないのがユニクロなんですよね。。。よってカットソーにしてしまうの刑)
b0164350_20124385.jpg
カットした部分でリブみたいなの(スウェットの裾部分みたいなの)をつくって
b0164350_2013426.jpg
本体の裾のほうにギャザーを寄せて
b0164350_20132841.jpg
リブと縫い合わせる。
糸はニット用のちょっと伸縮するやつ使うとよいですよ。
b0164350_20141580.jpg
ギャザー用の糸を抜くと完成。
b0164350_20144560.jpg
着てみると予想どおりコクーンみたいなシルエットに。
ユニクロのやつで型があわないやつもかたっぱしからなおしちゃおうかなー(基本的になんか尺がおかしい)
[PR]
by yue2009 | 2013-07-22 20:28 | Craft
やじるし
b0164350_11265163.jpg
b0164350_11265521.jpg
矢印と対になる図案ってないかなと探すけどないよね。
b0164350_11265877.jpg
対になるものとか仲間にまとめられるものとかを探すクセがあるのは
つねに整理する必要に迫られているからなのだけど。
わたしのHDの素材フォルダでは
矢印は1ファイル費やすことを許されている。
(たぶん立体とフラットとかつくりはじめると
1フォルダ費やすことを許されるでしょう)
b0164350_1127037.jpg
イラレでも矢印は特別扱いだもんなー
[PR]
by yue2009 | 2013-07-22 11:31 | Photo
金魚海底
b0164350_20105971.jpg

b0164350_2011132.jpg
降り積もる金魚
(というか全体的に底のほうに溜まりがち)
b0164350_2011356.jpg
もしゴキがこのような身なりであればまったく嫌じゃないとおもうので
デザイン大事。
[PR]
by yue2009 | 2013-07-20 20:14 | Photo
枯れ紫陽花
b0164350_10293526.jpg
紫陽花は枯れかけのほうが好きだとおもう。
造花みたいで。
造花はいつかちゃんとやってみたい。コテ揃えて。
b0164350_10293966.jpg
撮りまくってるのでフォルダがまたカオスになってきた。
カメラを持っているといつもレンズ越しに物事を見ているようで楽しめない、
といったカメラ女子とかが陥りがちな憂鬱はとうの昔に過ぎ去っているので。
(それたぶん写真撮るのがほんとうは好きではないんだとおもう。対象からくるストレスでつらくなることはあるけどさ)
[PR]
by yue2009 | 2013-07-20 10:38 | Photo


CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
Photo
Camera
Illustration
Craft
day
Works
以前の記事
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧